インプラントの治療の平均的価格相場とは

知ってますか?インプラント治療の相場について

インプラントとは?

インプラント治療を希望するにあたり、やはり気になるのはどれ位の費用になるのかという問題ですよね。 インプラント治療は保険適用の範囲が厳格に定められているため、普通の歯科検診と同じ感覚でいると大変なことになります。 では、治療費はどのように決まるのでしょうか?

インプラント治療の価格の内訳

インプラントという言葉を知っていますか?
元々は、治療を目的として人の体内に人工物を入れるという医療行為を指す言葉でした。
しかし、現在では主に歯科医の間で用いられる言葉となっています。
歯科クリニックに行くと、「インプラント治療」という言葉を見かけることが多いと思います。
歯科クリニックで行われるインプラント治療は、正式には「歯科インプラント」というものですが、単に「インプラント」と省略しても呼ばれています。
その治療方法は、具体的には歯が根こそぎ抜けてしまった箇所を埋めるために、人工的に作られた歯のパーツを埋め込む方法となります。
永久歯の完全な欠損に対して、かつては抜けた箇所の左右にある歯を抜けた箇所に寄せるような治療方法でしたが、現在は手術によって人工物の歯を抜けた箇所に差し込みます。
手術の流れは一度抜けた箇所の歯茎を手術によって整えてから、人工物の歯を差し込むという手順を踏むため、手術期間もおよそ6ヶ月程度かかります。
定着するまで含めると少し長期の医療行為ではありますが、入れ歯などと違って自分の体の一部であるという感触を強く感じとれるため、より自然な体の状態になるというメリットがあります。
インプラントは高度な医療行為であるため、希望する歯科クリニックの予約等の手続きが必須ですが、費用の問題がデメリットです。
インプラント治療は自由診療なので、保険の適応外となってしまいます。
例外として、先天的な顎骨の欠損がある場合などは保険が適用されますが、「虫歯によって歯の欠損が生じた」場合などでは、費用が自己負担となります。
そのため、インプラント治療がどのくらいの費用がかかるのかは、非常に重要な問題であるといえます。

たくさんの種類があるインプラントの部品

インプラントの治療費の要素の一つであるパーツの値段。 というのも、インプラント治療に用いられる人工歯は、口腔内というデリケートな部分に対応できるように様々な素材が使われています。 では、どの素材がどれくらいの相場になるのでしょうか? 素材の価格平均を見ていきましょう。

治療方法と治療費の関係

インプラント治療では、人工歯の種類や本数だけでなく、治療の方法でも費用の相場に関わってきます。 というのも、人によっては単純に永久歯の抜けた箇所に人工歯を差し込むだけではなく、土台となる顎骨にも手を加える必要があるからです。 では、実際に治療方法がどのように費用に影響するのでしょうか?

TOPへ戻る